RSS

タイ国鉄列車を爆破銃撃 深南部ナラティワート

2021年8月29日(日) 22時43分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、The State Railway Workers’ Union of Thailand (SRUT)
 の画像
 
写真提供、The State Railway Workers’ Union of Thailand (SRUT)
 の画像
 
写真提供、The State Railway Workers’ Union of Thailand (SRUT)
 の画像
 
写真提供、The State Railway Workers’ Union of Thailand (SRUT)
 の画像
 
写真提供、SRT
 の画像
 
写真提供、SRT
 の画像
 
写真提供、SRT
【タイ】28日午後0時25分ごろ、タイ深南部ナラティワート県のタイ国鉄(SRT)タンヨンマット駅近くで、線路に仕掛けられた爆弾が爆発し、現場を走行していたスンガイコーロク発バンコク行きの列車1両が大破した。

 また、少なくとも銃弾1発が列車に撃ち込まれた。

 けが人はなかった。

 襲撃を受けた列車は客車に農産物を積み運行していて、乗客はいなかった。爆発後も走行を続け、約4分後にタンヨンマット駅で停車した。

 タイ治安当局はマレー系イスラム過激派の犯行とみて捜査している。

 タイ深南部(ナラティワート、パタニー、ヤラーの3県とソンクラー県の一部)は住民の大半がマレー語方言を話すイスラム教徒。こうしたマレー系住民の一部がタイからの分離独立を掲げて過激化し、タイ当局と武装闘争を続けている。2004年以降、2万件近いテロが発生し、約7000人が死亡した。
《newsclip》

特集