RSS

タイ包装材大手SCGP、ベトナム北部に段ボール原紙工場 118億バーツ投資

2021年9月21日(火) 23時20分(タイ時間)
【ベトナム】タイ包装材大手SCGパッケージング(SCGP)は20日、同社が70%、レンゴー(大阪市)が30%出資するベトナムの合弁会社で段ボール原紙を製造販売するビナ・クラフト・ペーパーがベトナム北部のビンフック省に生産拠点を新設すると発表した。

 年産能力37万トン、投資額117・9億バーツで、2024年生産開始の予定。

 ビナ・クラフト・ペーパーの生産能力は新拠点の設立で年87万トンになる。

 SCGPはタイ王室系複合企業サイアムセメント(SCC)の子会社。2020年の売上高927.9億バーツ、最終利益64.6億バーツ。
《newsclip》