RSS

タイ、23日の新型コロナ新規感染報告1万3256人 131人死亡 24日からブースター接種

2021年9月24日(金) 00時16分(タイ時間)
 の画像
 
画像提供、タイ政府新型コロナウイルス感染症対策センター
【タイ】タイ政府の新型コロナウイルス感染症対策センターによると、23日に報告があった新型コロナ新規感染者は国内感染1万3241人、検疫隔離中の帰国者15人の計1万3256人、死者は131人だった。

 国内の刑務所で新たに478人の感染が確認された。刑務所を除く都県別の新規国内感染者数はバンコク都2456人、バンコク南郊のサムットプラカン県991人、東部チョンブリ県743人、深南部ヤラー県663人、東部ラヨン県549人、南部ナコンシータマラート県417人、深南部ナラティワート県403人など。

 帰国時の検疫隔離中の検査で陽性となった15人のうち11人はカンボジア、3人はマレーシア、1人は米国からの帰国者で、全員無症状。

 死者は生後2カ月から104歳のタイ人130人、ミャンマー1人。

 累計の感染者数は152万4613人になった。累計の死者数は1万5884人、死亡率は1.04%。

 入院中(臨時病床を含む)は12万8367人、人工呼吸器を装着している患者は747人。

 新型コロナワクチンの接種回数は9月22日までの累計で4666万9535回で、人口の41.3%が少なくとも1回の接種を受けた。

■シノバック接種者にアストラゼネカでブースター接種

【タイ】タイ政府は今年3月から5月に中国・科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナワクチンを2回接種した医療関係者以外の約200万人に対し、24日から、英アストラゼネカ製ワクチンによる3回目の接種を行う。

 シノバック製ワクチンの有効性に対する不信感が国内で強まっていることを受けた措置。

 タイ政府はすでに、1回目の接種でシノバック製を使用した場合、2回目に英アストラゼネカ製を使用する交差接種を導入している。

■12~17歳にワクチン接種

 タイ政府は12~17歳を対象とする新型コロナワクチンの接種を10月4日に開始する方針だ。保護者の同意が必要で、米ファイザー製のワクチンを使用する。対象は約450万人。
《newsclip》