RSS

ASEANで商用EV導入・運営管理 伊藤忠と地上鉄租車

2021年9月27日(月) 23時00分(タイ時間)
【ASEAN】伊藤忠商事は出資先で中国でEV(電気自動車)物流車に特化した総合リースサービス事業を展開する地上鉄租車(深セン)と戦略提携し、数年以内に日本と東南アジア諸国連合(ASEAN)で商用EVの導入・運営管理を一括で請け負うサービスを開始する。

 地上鉄は2015年設立。現在、中国国内の約200都市で4万台の商用EVを管理運営する。伊藤忠商事は2018年に地上鉄に出資参画した。

 地上鉄が持つ車両選定・調達能力、EV・バッテリー管理システムなどのハード・ソフト面のノウハウと、伊藤忠商事の海外ネットワークを活用し、共同で事業展開を目指す。すでに日本とシンガポールではパートナー選定・事業検証が進んでいる。
《newsclip》

特集