RSS

バンコク郊外で覚醒剤400キロなど押収 タイ各地で大量摘発相次ぐ

2021年10月6日(水) 23時45分(タイ時間)
ノンタブリで押収した覚醒剤の画像
ノンタブリで押収した覚醒剤
写真提供、バンコク首都警察
ノンタブリで押収した覚醒剤の画像
ノンタブリで押収した覚醒剤
写真提供、バンコク首都警察
ナコンラチャシマで押収した覚醒剤の画像
ナコンラチャシマで押収した覚醒剤
写真提供、バンコク首写真提供、タイ警察第3管区都警察
ナコンラチャシマで押収した覚醒剤の画像
ナコンラチャシマで押収した覚醒剤
写真提供、タイ警察第3管区
ナコンラチャシマで押収した覚醒剤の画像
ナコンラチャシマで押収した覚醒剤
写真提供、タイ警察第3管区
【タイ】バンコク首都警察は6日、バンコク北郊ノンタブリ県の住宅で覚醒剤の粉末約400キロ、ケタミン約160キロ、拳銃1丁、ピックアップトラック1台を押収し、タイ人の男3人(31、25、24)を麻薬取締法違反などの容疑で逮捕したと発表した。

 3人は取り調べに対し、ミャンマーに拠点がある麻薬組織から覚醒剤などの密輸を請け負ったなどと供述した。

 タイは国内に覚醒剤などの違法薬物が蔓延し、深刻な社会問題となっている。先月29日には北部チェンライ県のチェンライ県警が覚醒剤の錠剤380万錠などを押収、容疑者1人を逮捕したと発表。今月2日にはタイ警察麻薬取締司令部が覚醒剤の錠剤430万錠、粉末130キロなどを押収し、5人を逮捕したと発表した。今月5日にはナコンラチャシマ、ウボンラチャタニなどタイ東北下部8県を管轄するタイ警察第3管区がナコンラチャシマ県で覚醒剤の粉末60キロ、錠剤198万錠などを押収し、タイ人の男(41)と少年(14)を逮捕したと発表した。
《newsclip》

特集



新着PR情報