RSS

1~9月の対タイ外国直接投資申請3.2倍増、3721億バーツ

2021年10月11日(月) 22時15分(タイ時間)
【タイ】タイへの投資誘致を管轄するタイ政府機関、タイ投資委員会(BOI)が1~9月に受理した投資恩典の申請件数は1273件(前年同期1037件)、投資予定額は前年同期比2.4倍増の5206.8億バーツだった。

 投資予定額が最も多かった業種は「電気・電子製品」で772.1億バーツ、次いで「医療」592.1億バーツ、「石油化学・化学」367.6億バーツ、「農業・食品加工」316.6億バーツ、「バイオテクノロジー」209.5億バーツ。

 申請を受理した案件のうち外国直接投資は587件、投資予定額3720.7億バーツ(前年同期比3.2倍増)だった。国・地域別で投資予定額が最も多かったのは日本で678.2億バーツ(125件)、次いで米国269.4億バーツ(31件)、シンガポール268.8億バーツ(75件)、中国237億バーツ(89件)。
《newsclip》

特集