RSS

浸水戸数5万戸超、タイ・アユタヤで洪水続く ベトナム北部に台風18号接近

2021年10月11日(月) 22時16分(タイ時間)
バンコクのチャオプラヤ川の画像
バンコクのチャオプラヤ川
写真提供、バンコク都庁
バンコクのチャオプラヤ川の画像
バンコクのチャオプラヤ川
写真提供、バンコク都庁
タイ東北の洪水被災地の画像
タイ東北の洪水被災地
写真提供、タイ運輸省国道局
タイ東北の洪水被災地の画像
タイ東北の洪水被災地
写真提供、タイ運輸省国道局
タイ東北の洪水被災地の画像
タイ東北の洪水被災地
写真提供、タイ運輸省国道局
タイ東北の洪水被災地の画像
タイ東北の洪水被災地
写真提供、タイ運輸省国道局
【タイ、ベトナム】タイ内務省防災局によると、9月23日から10月11日にかけ、雨期の大雨で、タイの全77都県中33県で水害が発生し、14人が死亡、約33万戸が被災した。

 11日時点の浸水戸数は中部アユタヤ県約5万3000戸、ロッブリ県約1万6000戸、東北部コンケン県約4000戸など14県の約10万2000戸。

 タイ・デジタル経済社会省気象局によると、台風17号(ライオンロック)が10日午後にトンキン湾からベトナム北部のハイズオン省に上陸、熱帯低気圧に勢力を弱め、11日までにタイ東北部に移動した。東北部ではこの低気圧により、11日に大量の降雨があった。

 日本の気象庁によると、超大型の台風18号(コンパス)が11日夜の時点でルソン島の北端を西に時速25キロで進んでいる。14日にベトナム北部に上陸する見通しだ。
《newsclip》

特集