RSS

タイ、使用した新型コロナワクチンの半分が中国製 バンコクで人口の7割2回接種

2021年10月20日(水) 02時04分(タイ時間)
【タイ】タイでの新型コロナウイルスワクチンの接種は18日が91万4527回、累計では6659万2321回で、人口の52.9%が少なくとも1回の、36.8%が少なくとも2回の、2.7%が3回の接種を受けた。

 バンコクでは18日までに、人口の約71%にあたる543万7553人が新型コロナワクチンの接種を2回受けた。

 使用したワクチンは中国・科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製2226万7275回分、英アストラゼネカ製2974万7511回分、中国医薬集団(シノファーム)製1103万1696回分、米ファイザー製354万5839回分。

 シノバック製ワクチンは来週中に在庫がなくなる見通し。タイ当局は以降、アストラゼネカ製およびファイザー製を主に使用し、シノバック製ワクチンの追加調達を行わない模様だ。
《newsclip》


新着PR情報