RSS

タイ、11月からワクチン完了者の入国時隔離免除 日本など46カ国・地域対象

2021年10月24日(日) 21時53分(タイ時間)
【タイ】タイ政府は11月から、日本、中国、フランス、ドイツ、マレーシア、シンガポール、韓国、英国、米国など46カ国・地域からの空路での渡航者について、新型コロナウイルスワクチンの接種完了と渡航前と入国時のPCR検査での陰性を条件に、検疫隔離なしでの入国を認める。

 隔離なしでの入国は▼対象の46カ国・地域のいずれかに21日間以上滞在▼新型コロナ感染症を対象に含む補償額5万ドル以上の医療保険に加入▼入国時のPCR検査の結果が判明するまでホテルで待機――などが条件となる。

 タイ政府は入国規制の緩和に合わせ、バンコク都など1都22県で実施している午後11時~午前3時の夜間外出禁止を10月31日に17都県で解除する。夜間外出禁止を解除するのはバンコク都(全域)、東部チョンブリ県(パタヤ市など)、北部チェンマイ県(チェンマイ市など)、東部トラート県(チャーン島)、南部プーケット県(全域)など。

 タイ政府は現在、帰国入国時に、ワクチン接種が完了している場合は7日間、ワクチン接種が完了していない場合は10日間(空路、海路での帰国入国)の強制隔離を義務付けているが、年末年始の旅行シーズンの需要を取り込むため、入国規制の緩和にかじを切った。

 タイの新型コロナ新規感染報告は20日8918人(死者79人)、21日9727人(同73人)、22日9810人(同66人)、23日9742人(同74人)、24日9351人(同53人)。24日時点の累計の感染者数は185万482、累計の死者数は1万8755人、死亡率は1.01%。入院中(臨時病床を含む)は10万1000人、人工呼吸器を装着している患者は546人。

 新型コロナワクチンの累計接種回数は23日までで7027万9624回で、人口の55.4%が少なくとも1回の、39.3%が少なくとも2回の、2.9%が3回の接種を受けた。
《newsclip》


新着PR情報