RSS

バンコク首都圏の鉄道新路線レッドライン、29日に営業運転開始

2021年11月25日(木) 06時20分(タイ時間)
 の画像
 
画像提供、タイ首相府
【タイ】乗客を乗せた無料の試験運行を8月に開始したバンコク首都圏の都市鉄道新路線レッドラインが11月29日に営業運転を開始する。

 バンコク中心部のバンスー中央駅からジャトゥジャクマーケット、ドンムアン空港などを経由し、バンコク北郊パトゥムタニ県ランシットに至る26キロ、10駅(ダークレッドライン)と、バンスー駅から西のバンコク都タリンチャンまでの15キロ、3駅(ライトレッドライン)の2路線で、ダークレッドラインは日本政府の円借款、ライトレッドラインはタイ政府の自己資金で建設された。

 日立製作所が車両の設計製造、三菱重工が信号、通信、軌道、電力などのシステムの設計調達、住友商事が商務の取りまとめと現地でのシステム据え付けを担当。タイ国鉄(SRT)が運営する。
《newsclip》


新着PR情報