RSS

ミャンマー軍関連企業、キリンとの合弁会社清算申し立て

2021年11月25日(木) 06時21分(タイ時間)
【ミャンマー】キリンホールディングスは24日、ミャンマーの合弁会社ミャンマー・ブルワリーに対し、合弁相手でミャンマー軍と取引関係があるミャンマー・エコノミック・ホールディングスが会社清算を求める申し立てをヤンゴン西地区裁判所で起こしたと発表した。

 キリンホールディングスは今年2月にミャンマーで軍がクーデターで全権を掌握した際に、自社のビジネス規範や人権方針に反するとして、ミャンマー・エコノミック・ホールディングスとの合弁・提携を解消する方針を明らかにしていた。

 キリンホールディングスによると、その後、提携解消に向け交渉を進めてきたが、ミャンマー・エコノミック・ホールディングスは交渉に非協力的で、今回、契約を無視するかたちで、会社の清算を申し立てたという。

 キリンホールディングスは、申し立てが認められた場合、清算手続きが公正、適正に行われるか疑問があり、合弁契約や法令に違反するとして、申し立ての却下を求めて必要な措置を講ずるとしている。
《newsclip》

特集



新着PR情報