RSS

バンコクでチャオプラヤ川の水位上昇 洪水に警戒

2021年11月25日(木) 23時21分(タイ時間)
バンコクのチャオプラヤ川岸(2021年11月25日)の画像
バンコクのチャオプラヤ川岸(2021年11月25日)
写真提供、バンコク都庁
バンコクのチャオプラヤ川岸(2021年11月25日)の画像
バンコクのチャオプラヤ川岸(2021年11月25日)
写真提供、バンコク都庁
バンコクのチャオプラヤ川岸(2021年11月25日)の画像
バンコクのチャオプラヤ川岸(2021年11月25日)
写真提供、バンコク都庁
チュムポン県の洪水の画像
チュムポン県の洪水
写真提供、チュムポン県庁
チュムポン県の洪水の画像
チュムポン県の洪水
写真提供、チュムポン県庁
【タイ】バンコク都庁は25日、チャオプラヤ川の水位が上昇しているとして、川沿いの地区の住民に対し、洪水への警戒を呼びかけた。28日までが危険だとしている。

 一方、23日から25日にかけ、マレー半島のペチャブリ県、プラジュワブキリカン県、チュムポン県、スラタニ県、ナコンシータマラート県、パタルン県で大雨による洪水が発生し、約2300世帯が浸水被害を受けた。

 タイ中部では9月から一部地域で洪水が続き、今月25日時点で浸水戸数はスパンブリ県約2万3000戸、アユタヤ県約9000戸など約4万5000戸に上る。
《newsclip》

特集



新着PR情報