RSS

ニュース > 社会

タイで新種のガ発見、王女にちなみ命名

2015年4月8日(水) 02時18分(タイ時間)
タイで新種のガ発見、王女にちなみ命名newsclip

 

写真提供、www.agri.kps.ku.ac.th
 の画像
 の画像
 の画像
 の画像

注目ニュース

巨大ミミズやムカデ、タイで新種発見newsclip

【タイ】タイ国立チュラロンコン大学科学部生物学科のソムサック・パンハー教授らの研究チームがタイ国内に生息する新種の大型のミミズ20種、ムカデ1種、ヒル1種を発見した。

全長1メートル、ラオスで新種の大型ムササビ発見newsclip

【ラオス】2012年にラオス中部ボーリカムサイ県の市場で売られていたムササビが新種と確認され、「Laotian giant flying squirrel」と命名された。全長108センチ、体重1・8キロと大型。

タイ南部で新種のコウモリ発見newsclip

【タイ】2012年にタイ深南部ナラティワート県の熱帯林で捕獲されたコウモリが新種と確認され、「Bala Tube-nosed Bat」と名付けられた。体長約3センチで、虫を捕食する。

タイでイワタバコ科の新種植物6種発見newsclip

【タイ】タイ科学技術研究所(TISTR)は18日、イワタバコ科の植物の新種6種類を発見したと発表した。

タイ北部で新種のドジョウnewsclip

【タイ】2008年にタイ北部チェンマイ県のメージェーム川で採取された体長3センチほどの魚がドジョウ科の新種と認定され、タイのジュラポン王女にちなみ、「Physoschistura chulabhornae Suvarnaraksha, 201...

【タイ】タイ中部サムットサコン県で採取された魚がベタ(トウギョ)の仲間の新種と認定され、「Betta mahachaiensis」と命名された。体長5—6センチで、タイ中部の主にニッパヤシが茂る汽水域に生息。浮遊物に...

【タイ】タイ南部の汽水湖であるソンクラー湖で2009年に発見された生物がエビに近い新種であることが、タイ国立ソンクラーナカリン大学のサオワパー教授らの研究で確認され、「Birdotanais songkhlaensis」と...

特集