RSS

ニュース > ASEAN、その他

【川崎大輔の流通大陸】最新鋭の設備、ミャンマーの日系整備工場

2018年5月8日(火) 04時30分(タイ時間)
【川崎大輔の流通大陸】最新鋭の設備、ミャンマーの日系整備工場newsclip

大型の日系整備工場

《撮影 川崎大輔》
大型の日系整備工場の画像
整備中の車両の画像
整備状況が見える待合室の画像
HTSの画像
他ではあまり見ない設備の画像
新しい設備の画像
工場内の画像

注目ニュース

【川崎大輔の流通大陸】ようやく動いたホンダ、ミャンマー初の認定サービス工場newsclip

ミャンマー初のホンダ認定サービス工場、HONDA AUTHORIZED SERVICE SHOP(HASS)の日本人責任者、上野氏にミャンマーでの整備ビジネスの現状について話を聞いた。

【川崎大輔の流通大陸】右ハンドル輸入規制、どう変わるかミャンマー新車市場newsclip

2018年にはついにミャンマー政府は中古車政策によって、右ハンドル車の輸入が乗用車、商用車、共に禁止とした。実質、日本からの中古車輸出が不可能になった。これから新車市場がどのようになって行くのか?三菱...

【川崎大輔の流通大陸】エリート整備エンジニア、スカイブルーが日本整備業界を救うnewsclip

2018年2月にハノイにある自動車学部を持つ大学、技能実習生の送り出し機関を訪問。人材が不足する日本の整備業界にとって、ベトナム人のスカイブルーを活用した循環型スキームをしっかりと考えていく必要を感じた。

【川崎大輔の流通大陸】中小企業が勝ち残る、カンボジア自動車アフターマーケットnewsclip

自動車アフタービジネスの日系中小企業がカンボジア市場に期待をよせる。日本のバランスウェイトメーカーである(株)マルエムもその1つだ。代表の巖谷(いわや)氏にカンボジアでの販路拡大の魅力をきいた。

【川崎大輔の流通大陸】インドネシア、オークションが目指す方向性newsclip

日本の中古車市場が辿ってきた道をインドネシアも辿ることになれば、日系企業はインドネシアにおいて何をしていくべきか。インドネシアにおける中古車流通オークションの現状から方向性を示してみた。

【川崎大輔の流通大陸】タイの自動車部品企業を支える梱包カンパニーnewsclip

自動車生産に関わるのは部品メーカーだけではない。今回はタイで自動車部品を流通する際の包装設計と梱包材を手がけるカネパッケージ(タイランド)の責任者、荒幡氏にインタビューをした。

【川崎大輔の流通大陸】気になるモンゴルの自動車マーケットnewsclip

2016年に訪問したモンゴル。当時は、都市計画プロジェクトによる郊外オートモールの設置、また拡大するハイブリット自動車(HV)の輸入、など自動車市場が大きく変化している時期であったがその後モンゴルの自動車...

特集