RSS

出張・観光 > 観光ニュース

ボーイング787がこんなに近くに! フライト・オブ・ドリームス 10月12日、セントレアにオープン

2018年10月9日(火) 12時59分(タイ時間)
ボーイング787がこんなに近くに! フライト・オブ・ドリームス 10月12日、セントレアにオープンnewsclip

フードコート

《撮影 高木啓》
「フライト・オブ・ドリームス」の核として展示された本物のボーイング787。の画像
「フライト・オブ・ドリームス」の核として展示された本物のボーイング787。の画像
「フライト・オブ・ドリームス」の核として展示された本物のボーイング787。の画像
「フライト・オブ・ドリームス」の核として展示された本物のボーイング787。の画像
「フライト・オブ・ドリームス」の核として展示された本物のボーイング787。の画像
中部国際空港(セントレア)内に新設された「フライト・オブ・ドリームス」。の画像
音楽と共に展開されるショー「フライ・ウィズ・787 ドリームライナー」は、二つのパターンを用意。の画像
イルカが舞うシーンを展開音楽と共に展開されるショー「フライ・ウィズ・787 ドリームライナー」。の画像
「フライ・ウィズ・787 ドリームライナー」の画像
「フライ・ウィズ・787 ドリームライナー」の画像
2階のフードコートからはボーイング787を間近に見ながら食事ができる。の画像
2階のフードコートへはボーイング787の主翼が延びる。の画像
フードコートの画像
1Fからフードコートを見るの画像
1Fからフードコートを見るの画像
食事や物販エリアは「SEATTLE TERRACE」と呼ばれる。写真は3階へ通じるエスカレータ。の画像
米国以外で初出店となる「ボーイングストア」。の画像
ボーイングのオフィシャルグッズや、「フライト・オブ・ドリームス」オリジナルグッズも並ぶ。の画像
1階の入口にあるチケットカウンター。左手奥のゲートを通過すると有料エリアとなる。の画像
ボーイング787初号機のコックピットも間近で見られる。の画像
787 Simulator(787 シミュレーター)ではフライト体験ができるの画像
「787 Simulator」は係官が丁寧に操作を教えてくれるので子供から大人まで楽しめる。の画像
「お絵かきヒコーキ」ではタブレットを持って入場する。の画像
自ら描いた飛行機がドーム内を飛び回る「お絵かきヒコーキ」。ブタも飛んでいる。の画像
航空会社のお仕事をプロジェクションマッピングを使って体験できる「エアラインスタジオ」。の画像
「エアラインスタジオ」の画像
「エアラインスタジオ」の画像
遊びながら飛ぶしくみへの好奇心を高める「奏でる! 紙ヒコーキ場」。の画像
「奏でる! 紙ヒコーキ場」の画像
コンテンツは中央翼の製造を担当するスバルが提供した。の画像
「Boeing Factory(ボーイングファクトリー)」の画像
「歩いて集める飛行機図鑑」の画像
2015年6月にボーイング社より寄贈された初号機(2016年9月撮影)。の画像