RSS

ニュース > ASEAN、その他

ヒュンダイ、7人乗りSUV『サンタフェ』をマレーシア初公開…クアラルンプールモーターショー2018

2018年12月10日(月) 22時04分(タイ時間)
ヒュンダイ、7人乗りSUV『サンタフェ』をマレーシア初公開…クアラルンプールモーターショー2018newsclip

アイオニック・ハイブリッドはDCTを組み合わせ、バッテリー容量は1.56kWhとプリウスよりも大きい

《撮影 会田肇》
第4世代目のサンタフェは7人乗りSUVとしてマレーシア国内に初投入される。の画像
新型サンタフェ。円換算で500万円を超えるというだけあって、車内はかなり豪華な造りだ。の画像
新型サンタフェ。2.4リットルガソリン車には6AT、2.2リットルディーゼルエンジンには8ATが組み合わされる。の画像
新型サンタフェ。3つのドライブモードを備えた「HTRAC」により、最適なトラクションが得られる。の画像
新型サンタフェ。ドライブモードに合わせて切り替わるメーターデザイン。の画像
新型サンタフェ。各シートへのアクセスを向上させた。の画像
新型サンタフェの画像
ヒュンダイのプレゼンターの画像
ヒュンダイの画像
EVコナ・エレクトリック(参考出品)の画像
EVコナ・エレクトリック(参考出品)。マレーシアに合わせたのか、右ハンドル仕様だった。の画像
EVコナ・エレクトリック(参考出品)の画像
EVコナ・エレクトリック(参考出品)の画像
EVコナ・エレクトリック(参考出品)。車両側インレットは欧州のCombined Charging System(CCS)を搭載していた。の画像
燃料電池車ネクソの画像
燃料電池車ネクソの画像
既にマレーシア国内で販売されているアイオニック・ハイブリッドの画像
アイオニック・ハイブリッドはDCTを組み合わせ、バッテリー容量は1.56kWhとプリウスよりも大きいの画像
“N”専用コーナーを設けて出展された i30N。右ハンドルはマレーシア国内投入の布告か。の画像
i30N。外観の迫力とは裏腹にインテリアは思ったよりも地味な印象を受けた。の画像
タイヤはピレリP-Zeroが組み合わされたの画像
i30Nの画像