RSS

トップニュース

【グビナビ】 辛旨いタイ南部料理「Khua Kling Pak Sod」 タイの口コミサイトでバンコク18位

バンコクのソイ・トンロー5通りにある「Khua Kling Pak Sod」。タイ南部チュムポン出身の家族が開いた南部タイ料理の店で、辛くてうまいタイ料理が食べたくなると、必ずここへ足が向く。

タイ料理 特集
[ 2017年4月20日(木) 05時41分(タイ時間) ]
【グビナビ】MSG不使用うたうタイ東部家庭料理の店「Sri Trat Restaurant & Bar」

今回訪れたのは、バンコクでは珍しいタイ東部料理の店「Sri Trat Restaurant & Bar」。数カ月前にオープンしたばかりだが、早くもタイ人の間で人気を集めているという。

タイ料理 特集
[ 2017年4月20日(木) 00時04分(タイ時間) ]
バンコクでも珍しいペルー料理 試す価値ありの南米ソース

「チーファ」はラテンフライドライス、南米ペルーのチャーハンのことです。玉ねぎ、グリーンピース、赤いパプリカなどを細かく切ってお米を一緒に炒めます。さっぱりした美味しさ。

その他欧米料理 特集
[ 2017年4月16日(日) 18時48分(タイ時間) ]
質が上ってきた地場和食チェーンの刺し 身価格で比較すれば「判定勝ち」も

和食の中でも日本人の口に合う刺し身だけは、なかなか価格が下がらない。輸入のスピードや管理の手間を考えれば当然のことか。一方、日本人向けでも低価格を重視したりタイ人向けだったりする刺し身は、同じ魚でも「似て非なるもの」といったネタにまだまだ出会う。

日本料理 特集
[ 2017年4月16日(日) 18時48分(タイ時間) ]
タイ人が最も好む日本のメンは何? 和食が苦手でも「焼きそば」はOK

タイで最も古い地場和食チェーンの一つ「ZEN」。多くのメニューが地元タイ人向けにアレンジされているが、日本人の責任者が常に味を管理、地場チェーンとしては高いレベルを維持している。

日本料理 特集
[ 2017年4月7日(金) 15時25分(タイ時間) ]
探すと意外と見当たらない定番ランチ 食べて納得の「豚生姜焼セット」

豚の生姜(しょうが)焼きといえば昼でも夜でも定番のメニューだが、日本でも庶民的な店に行かないと見かけなくなってきた、ように感じる。タイでも然り。数ある和食屋で、豚の生姜焼きをメニューに揃えている店を、すぐに思い出せない。

コラム、取材記事(食) 特集
[ 2017年4月7日(金) 15時25分(タイ時間) ]
在タイ・ドイツ人の自慢料理 荒っぽい旨さの「バルカンソーセージ」

欧米レストラン(厳密にはペルー料理)「BLU36」オーナーのドイツ人、Mr.ステファンが「バンコク唯一」と自信をもって作る、「バルカンソーセージ」。

その他欧米料理 特集
[ 2017年3月31日(金) 11時59分(タイ時間) ]
もはやインターナショナル料理 王道のサーモン塩焼き/照り焼き

サケ(鮭)、一昔前はシャケなどと読んでいたが、今では日本人もすっかりサーモンと英語で呼ぶようになった。タイ語でもそのままサーモン。

日本料理 特集
[ 2017年3月31日(金) 11時59分(タイ時間) ]
【グビナビ】 バンコク中華街のワインバー FoudeJoie @ FooJohn Building

バンコクのジャルーンクルン通りソイ31というひっそりとした中華街の外れに昨年末、突然登場したこの店「FoudeJoie」。

コラム、取材記事(食) 特集
[ 2017年3月24日(金) 14時20分(タイ時間) ]
【グビナビ】 タイのグルメ口コミサイトでバンコク5位 「Jae Oh Khao Tom Pet」

外国人にあまり知られていない名店はないかと、タイのグルメ口コミ情報サイト「ウォンナイ」でバンコクのタイ料理店1万3267店中5位(2017年2月調べ)という「ジェーオーカオトムペット(Jae Oh Khao Tom Pet)」を訪れた。

タイ料理 特集
[ 2017年3月24日(金) 12時49分(タイ時間) ]
【グビナビ】 意外と健康的、サラダを摂れるサンドイッチ@SUBWAY

最近、糖質を摂らずにスピードダイエット、というのが人気のようです。でもこれ、「筋肉も衰える。これまで以上に運動が大事」と、スポーツをしている日本人が言っていました。

その他欧米料理 特集
[ 2017年3月24日(金) 12時48分(タイ時間) ]
【グビナビ】 「たこやき」ならぬ「とりやき」 タイのセブンイレブンのコンビニ和食シリーズ

タイのセブンイレブンが手当たり次第に商品化してはすぐに止めてしまう、コンビニ和食シリーズ。

その他料理 特集
[ 2017年3月12日(日) 23時59分(タイ時間) ]
タイ地場の和食でも日本人がしっかり味を管理 日本人にもOKの「ぴり辛ポーク」

「ZEN」といえばタイで最も古い地場の和食チェーンの一つ。

日本料理 特集
[ 2017年3月8日(水) 13時11分(タイ時間) ]
日本の定食屋のように選べる麺 ボリュームの「牛丼&うどん/そば」

日本の定食屋なら「うどん」と「そば」どちらか選べるのは普通。シーロム界隈で多種なランチを揃える「江戸屋」でも、そんなメニューを見かける。「丼&うどん/そば」だ。

日本料理 特集
[ 2017年3月8日(水) 00時16分(タイ時間) ]
フルーツたっぷりで甘さ控えめ できたてアツアツのワッフル

「Strawberry Banana & Peach Waffle」(190B)。日本でもタイでもワッフルというと格子状の四角いそれがほとんどで、俗にいうベルギーワッフルのこと。

タイ 特集
[ 2017年2月24日(金) 12時08分(タイ時間) ]
ちょっと甘めでもオリジナルの食感 アイデア一品「ホットクッキー」

「Soft Baked Choc Chip Coockie with Vanilla Ice Cream」(140B)はオンザテーブルのオリジナルアイデアなのだとか。

タイ料理 特集
[ 2017年2月17日(金) 12時13分(タイ時間) ]
【PR】 今しか味わえない北海道の「秋鮭」 バンコクで4カ所のみ! 3月までの特別企画

昭和の時代、まだ小学生のころにサーモンといえば、アメ横辺りの魚屋に吊るされた「塩鮭」だった。年の瀬で買い物客がごった返す中、黄色い電球に照らされた塩鮭は、子供心ながらに我が家ではめったに食することができないであろう高級さを感じとったものだ。

コラム、取材記事(食) 特集
[ 2017年2月16日(木) 12時51分(タイ時間) ]
【グビナビ】「The Manhattan Fish Market」 バンコク・ターミナル21のアメリカ料理

特にこのお店を目指して入ったわけではありません。アソーク交差点のターミナル21の飲食店階、行列に並ばないと入店できない店ばかりの金曜日の夜に、行列皆無で席が半分も埋まっていなかったので、おもむろに入っただけのことです。

その他欧米料理 特集
[ 2017年2月10日(金) 11時29分(タイ時間) ]
ペルー料理@BLU36 スクムビットの一軒家レストラン

バンコクのBTSトンロー駅からスクムビット・ソイ36通りに入って2つ目の路地を右折、突き当たりの左角に見えてくる、木々に囲まれた緑あふれる一軒家レストランの「BLU36」。

その他欧米料理 特集
[ 2017年2月3日(金) 18時40分(タイ時間) ]
【グビナビ】 マングローブ林に囲まれた海上レストラン バンコク都心から40キロ

バンコクの南郊、サムットプラカン県にあるタイ軍の保養施設「バンプー・リクリエーションセンター」を訪れた。一般人にも開放されていて、海上レストランが人気だ。

タイ料理 特集
[ 2017年2月3日(金) 00時14分(タイ時間) ]