RSS

医療・健康ニュース 特集

456 件中 181 - 200 件目を表示しています。

ニュース一覧

【タイ】タイ保健省によると、年初から6月25日に報告があったタイ国内のインフルエンザ患者は18万235人で、14人が死亡した。

[ 2019年6月27日(木) 12時15分(タイ時間) ]

【タイ】タイ保健省によると、年初から6月18日までにタイ国内で報告があったデング熱、重症型のデング出血熱とデングショック症候群の患者数は3万1843人で、48人が死亡した。患者数は前年同期の約1.6倍、死者数は2倍。

[ 2019年6月20日(木) 23時57分(タイ時間) ]

【タイ】タイ保健省によると、年初から6月7日までにタイ国内で報告があった麻疹(はしか)患者は1801人で、このうち12人が死亡した。実際の患者数は報告を大きく上回るとみられている。

[ 2019年6月13日(木) 23時12分(タイ時間) ]

【アジア】日本の外務省はインドネシアなどポリオ(急性灰白髄炎)が発生している国に渡航、滞在する人に予防接種を検討するよう呼びかけている。

[ 2019年6月4日(火) 21時25分(タイ時間) ]

【タイ】タイ保健省は28日、南部ナコンシータマラート県在住の女児(10)が狂犬病で死亡したと発表した。

[ 2019年5月28日(火) 23時49分(タイ時間) ]

【日本、タイ】仙台市は24日、市内在住の30代の男性が麻しん(はしか)にり患したと発表した。

[ 2019年5月27日(月) 23時33分(タイ時間) ]

【タイ】タイ保健省によると、年初から5月13日までにタイ国内で報告があった梅毒患者は3080人だった。患者の40%が15―24歳、25%が25―34歳だった。

[ 2019年5月27日(月) 23時33分(タイ時間) ]
タイのデング熱、昨年の2倍ペース 雨期入りで急増懸念newsclip

【タイ】タイ保健省によると、年初から5月22日までにタイ国内で報告があったデング熱、重症型のデング出血熱とデングショック症候群の患者数は2万2203人で、28人が死亡した。患者数は前年同期の約2倍。

[ 2019年5月24日(金) 11時56分(タイ時間) ]

【日本、インドネシア】長野県は20日、駒ヶ根市在住の30代の女性が修飾麻しんと診断されたと発表した。

[ 2019年5月21日(火) 01時37分(タイ時間) ]

【タイ】タイ保健省によると、年初から5月14日にタイ国内で報告があったつつが虫患者は1755人だった。死者は出ていない。地域別では北部941人、東北部597人、南部190人、中部27人。

[ 2019年5月21日(火) 01時37分(タイ時間) ]

【タイ】タイ保健省によると、年初から5月15日に報告があったタイ国内のインフルエンザ患者は15万6108人で、11人が死亡した。

[ 2019年5月15日(水) 23時22分(タイ時間) ]

【日本、カンボジア】佐賀県は6日、同県で約9年ぶりとなる麻しん(はしか)患者が発生したと発表した。

[ 2019年5月7日(火) 22時10分(タイ時間) ]

【タイ】タイ保健省によると、年初から4月30日までにタイ国内で報告があったデング熱、重症型のデング出血熱とデングショック症候群の患者数は1万8105人で、24人が死亡した。患者数は前年同期の2倍以上。

[ 2019年5月5日(日) 18時54分(タイ時間) ]
【GW2019】海外での感染症に要注意、厚労省検疫所が情報提供newsclip

 厚生労働省検疫所のWebサイト「FORTH(フォース)」は、2019年4月9日に海外渡航者に向けた感染症に関する情報を掲載した。出発前に確認したいことや海外で注意すべき代表的な感染症、帰国時・帰宅後に体調が悪くなった場合のアドバイスなどをまとめている。

[ 2019年4月23日(火) 23時15分(タイ時間) ]

【タイ】タイ保健省によると、年初から4月4日に報告があったタイ国内のインフルエンザ患者は12万1919人で、8人が死亡した。

[ 2019年4月10日(水) 00時21分(タイ時間) ]

【タイ】タイ天然資源環境省公害管理局によると、13日正午時点のタイ北部の空気質指数(AQI)は17カ所の観測地点すべてで「健康への悪影響が始まる」とされる100を超え、このうち13カ所で「健康に悪影響がある」とされる200を超えた。

[ 2019年3月13日(水) 12時41分(タイ時間) ]

【タイ】タイ保健省によると、年初から3月7日に報告があったタイ国内のインフルエンザ患者は7万640人で、前年同期の2倍以上に上った。

[ 2019年3月12日(火) 23時28分(タイ時間) ]

【タイ】タイ保健省によると、年初から3月4日にタイ深南部4県(ヤラー、パタニー、ナラティワート、ソンクラー)で報告があった麻しん(はしか)患者は1161人で、このうち8人が死亡した。患者の約6割は4歳以下だった。

[ 2019年3月11日(月) 15時40分(タイ時間) ]

【ベトナム、日本】さいたま市は9日、高熱と発疹でさいたま市内の医療機関を受診した同市在住の40代の男性が8日に麻しん(はしか)と診断されたと発表した。3月初旬まで滞在していたベトナムで感染し、帰国後に発症したとみられる。

[ 2019年3月11日(月) 15時22分(タイ時間) ]

【タイ】タイ保健省によると、年初から3月5日までにタイ国内で報告があったデング熱、重症型のデング出血熱とデングショック症候群の患者数は9044人で、7人が死亡した。患者数は前年同期比2.5倍に上る。

[ 2019年3月6日(水) 13時04分(タイ時間) ]
456 件中 181 - 200 件目を表示しています。