RSS

港湾 特集

34 件中 1 - 20 件目を表示しています。
1 2 > 次

ニュース一覧

【タイ】タイ港湾公社(PAT)によると、タイの主要港の2020年10月~2021年6月の貨物取扱量はバンコク港が前年同期比0.1%減の1619.9万トン、東部チョンブリ県のレムチャバン港が2.3%増の6681.2万トン、南部ラノン県のラノン港が20.2%増、9.5万トンだった。

[ 2021年9月16日(木) 00時30分(タイ時間) ]

【カンボジア】日本政府はカンボジア唯一の大水深港で同国のコンテナ取扱量の約7割を占めるシハヌークビル港の船舶航行安全システムの整備に11.3億円の無償資金援助を行う。

[ 2021年3月3日(水) 18時42分(タイ時間) ]

【インドネシア】国際協力機構(JICA)は2日、インドネシア政府との間で、「第二次離島における水産セクター開発計画」を対象として30億円を限度とする無償資金協力の贈与契約を締結した。

[ 2021年2月3日(水) 23時42分(タイ時間) ]

【ミャンマー】ミャンマー政府のダウェー経済特別区管理委員会は18日、タイの総合建設会社(ゼネコン)最大手イタリアンタイ・デベロップメント(ITD)を中心とする企業グループに付与したダウェー経済特区の9つの初期プロジェクトの事業権を破棄したと発表した。

[ 2021年1月21日(木) 00時17分(タイ時間) ]

【インドネシア】インドネシアの西ジャワ州スバン県で20日、円借款で建設が進むパティンバン港(コンテナターミナル、自動車ターミナル)の一部施設の完成と運営開始にともなう式典が、インドネシアのブディ運輸相、石井駐インドネシア大使らが出席して行われた。

[ 2020年12月22日(火) 01時26分(タイ時間) ]
ベトナム北部ハイフォン、クルーズ客船が初寄港newsclip

【ベトナム】日本籍で最大の客船「飛鳥II」が28日、ベトナム北部ハイフォンのラックフェン港に寄港した。大型クルーズ客船がハイフォンに寄港するのは初めて。

[ 2019年12月1日(日) 22時02分(タイ時間) ]

【タイ】タイの電力会社ガルフ・エナジー・デベロップメントは25日、同社が70%、タイ国営石油会社PTTが30%出資する合弁会社がタイ東部ラヨン県のマプタプット工業港第3期開発の事業者に選定され、24日の閣議で承認されたと発表した。

[ 2019年9月25日(水) 12時07分(タイ時間) ]

【ミャンマー】上組(神戸市)は3日、同社が出資するミャンマーの合弁会社がヤンゴン郊外のティラワ地区港に円借款で建設されたターミナルの運営を開始したと発表した。

[ 2019年6月5日(水) 11時44分(タイ時間) ]

【バングラデシュ】日本政府はバングラデシュに4件、総額1326億5900万円の円借款を供与することを決め、29日、国際協力機構(JICA)とバングラデシュ政府が東京で円借款貸付契約に調印した。安倍晋三首相とシェイク・ハシナ・バングラデシュ首相が立ち会った。

[ 2019年5月30日(木) 22時42分(タイ時間) ]
レムチャバン港の最新鋭ターミナル、一部運用開始newsclip

【タイ】香港の港湾大手ハチソン・ポーツは1月30日、バンコクの南東130キロに位置するタイ最大の貿易港、レムチャバン港(チョンブリ県)に建設した最新鋭ターミナル「ターミナルD」の一部運用を開始したと発表した。

[ 2019年2月3日(日) 22時14分(タイ時間) ]
タイ・レムチャバン港、2018年度の貨物取扱量3%増newsclip

【タイ】タイ港湾公社(PAT)によると、主要港の2018年度(2017年10月―2018年9月)の貨物取扱量はレムチャバン港(東部チョンブリ県)が前年度比3.1%増の8649万トン、バンコク港が5.9%増の2207.7万トンだった。

[ 2018年11月15日(木) 22時23分(タイ時間) ]

【ミャンマー】日本政府はエーヤワディー川沿いにあるミャンマー第2の都市マンダレーの港湾整備に60億3300万円の無償資金援助を行う。国際協力機構(JICA)が3日、ミャンマー政府と契約を結んだ。

[ 2018年10月4日(木) 00時41分(タイ時間) ]

【インドネシア】五洋建設は17日、同社と東亜建設工業、りんかい日産建設、インドネシアのPP社、ウィジャヤ・カルヤ社の共同企業体がインドネシア政府から大型港湾工事を受注したと発表した。

[ 2018年7月18日(水) 21時31分(タイ時間) ]
ベトナム北部ラックフェン国際港で開港式、日本が建設支援newsclip

【ベトナム】ベトナム北部ハイフォン市カットハイ島で13日、日本が建設を支援したラックフェン国際港の開港式が、ベトナムのグエン・スアン・フック首相、あきもと司国土交通副大臣らが出席し、開催された。

[ 2018年5月15日(火) 12時31分(タイ時間) ]
上組、ミャンマー・ティラワ港でターミナル運営newsclip

【ミャンマー】上組(神戸市)はヤンゴン郊外のティラワ地区に円借款で建設される多目的ターミナル「ティラワODAターミナル」の運営に乗り出す。3月22日、ミャンマー港湾公社と事業権契約を結んだ。2019年2月供用開始の予定。

[ 2018年4月10日(火) 02時30分(タイ時間) ]

【シンガポール】五洋建設は1日、シンガポールのチュアスターミナル第二期埋立工事を、シンガポール海事港湾庁から、韓国の現代建設、オランダのボスカリスと共同受注したと発表した。受注金額は約1210億円で、五洋建設の受注分は約423億円。

[ 2018年3月5日(月) 08時10分(タイ時間) ]

【ベトナム】共英製鋼(大阪市北区)は18日、ベトナム子会社のチー・バイ・インターナショナル・ポートが同国南部バリアブンタウ省フーミーのカイメップチーバイ港湾地区で2月から港湾を運営すると発表した。

[ 2018年1月18日(木) 20時33分(タイ時間) ]

【ベトナム】三井造船は12日、ベトナム北部ラックフェン港向けのコンテナクレーン30基(岸壁用ガントリークレーン6基、ヤード用トランスファークレーン24基)を同国のハイフォン・インターナショナル・コンテナ・ターミナル社から受注したと発表した。

[ 2018年1月14日(日) 15時15分(タイ時間) ]

【タイ】丸紅は27日、タイ国営石油会社PTTと、タイ東部レムチャバン港周辺の船舶を対象とした、液化天然ガス(LNG)燃料補給の共同事業化調査を開始したと発表した。

[ 2017年12月28日(木) 00時24分(タイ時間) ]
上組、ミャンマー・ティラワ港にバルクターミナルnewsclip

【ミャマー】上組は11日、ミャンマーに合弁会社を設立し、同国のティラワ港で穀物、飼料などバルク貨物を主に取り扱うターミナル事業を行うと発表した。今後需要拡大が見込めるミャンマーの食品関連物流事業で先手を打つ。

[ 2017年12月12日(火) 22時49分(タイ時間) ]
34 件中 1 - 20 件目を表示しています。
1 2 > 次