RSS

紙・パルプ 特集

28 件中 1 - 20 件目を表示しています。
1 2 > 次

ニュース一覧

【タイ】北越コーポレーションは28日、タイでの逆浸透膜(RO膜)支持体生産工場の建設計画を中止すると発表した。世界的に新型コロナウイルス感染症の収束時期が見通せず、タイでも政府による活動規制が行われていることから、計画推進が困難と判断した。

[ 2021年9月28日(火) 23時53分(タイ時間) ]

【ベトナム】タイ包装材大手SCGパッケージング(SCGP)は20日、同社が70%、レンゴー(大阪市)が30%出資するベトナムの合弁会社で段ボール原紙を製造販売するビナ・クラフト・ペーパーがベトナム北部のビンフック省に生産拠点を新設すると発表した。

[ 2021年9月21日(火) 23時20分(タイ時間) ]

【インドネシア】レンゴー(大阪市北区)は20日、同社が30%、タイ包装材大手SCGパッケージング(SCGP)が70%出資するタイの合弁会社タイ・コンテナーズ・グループ(TCG)がインドネシアの段ボールメーカー、インタングループの3社を買収したと発表した。

[ 2021年8月22日(日) 22時50分(タイ時間) ]

【タイ】ワチラロンコン・タイ国王が33.6%出資するタイの大手複合企業サイアムセメント(SCC)は2020年の売上高が前年比9%減の3999.4億バーツ、最終利益が7%増の341.4億バーツだった。

[ 2021年1月28日(木) 00時47分(タイ時間) ]

【ベトナム】タイ包装材大手SCGパッケージング(SCGP)は18日、同社が70%、レンゴー(大阪市北区)が30%出資するタイの合弁会社タイ・コンテナーズ・グループがベトナムの上場企業で同業のビエンホア・パッケージングの株式94.1%を約27億バーツで取得したと発表した。

[ 2020年12月21日(月) 01時49分(タイ時間) ]
段ボール東南アジア最大手SCGP、タイ証取上場 時価総額1500億バーツnewsclip

【タイ】タイの大手複合企業サイアムセメント(SCC)の包装材事業子会社SCGパッケージングが22日、タイ証券取引所(SET)に上場した。

[ 2020年10月25日(日) 23時46分(タイ時間) ]

【マレーシア】王子グループはマレーシアで9カ所目の段ボール工場をジョホール州に建設し、2022年1月に稼働する。月産能力約700万平方メートル、投資額約40億円。

[ 2020年8月6日(木) 22時05分(タイ時間) ]

【フィリピン】レンゴー(大阪市)は31日、タイのサイアムセメント・グループのフィリピン子会社で段ボール原紙を製造販売するユナイテッド・パルプ・アンド・ペーパー(UPPC)の増資を引き受け、UPPC株の25%を取得すると発表した。

[ 2020年2月3日(月) 00時45分(タイ時間) ]

【タイ】タイの大手複合企業サイアムセメントは8月30日、オーストラリアの製紙大手ビシーのタイ法人ビシー・パッケージング(タイランド)の株式80%を43.4億バーツで取得したと発表した。

[ 2019年9月2日(月) 22時29分(タイ時間) ]

【タイ】ワチラロンコン・タイ国王が33.3%出資するタイの大手複合企業サイアムセメント(SCC)は4―6月期の売上高が前年同期比9%減の1090.9億バーツ、最終利益が43%減の70.4億バーツだった。

[ 2019年8月15日(木) 11時48分(タイ時間) ]

【ベトナム】星光PMC(東京都中央区)はベトナム南部のバリアブンタウ省フーミー3特別工業団地に製紙用薬品を製造販売する現地法人を設立し、2021年中に工場を竣工、稼働する計画だ。ベトナムと周辺諸国に乾燥紙力剤を中心とする紙の機能向上に資する製紙用薬品を供給する。

[ 2019年8月1日(木) 00時48分(タイ時間) ]

【ベトナム】荒川化学工業(大阪市中央区)はベトナム南部バリアブンタウ省フーミー3特別工業団地に製紙用紙力増強剤の工場を設立する計画だ。年産能力約4万トンで、2022年中の稼働を目指す。

[ 2019年6月26日(水) 22時30分(タイ時間) ]
サイアムセメント、インドネシアの包装用紙大手買収 6.7億ドルで55%取得newsclip

【インドネシア、タイ】タイ王室系複合企業サイアムセメント(SCC)は10日、インドネシアの大手包装用紙メーカー、ファジャル・スリヤ・ウィセサの株式55%を約6億6500万ドル(約211.5億バーツ)で取得すると発表した。

[ 2019年5月13日(月) 01時48分(タイ時間) ]

【ベトナム】丸紅はベトナムに設立した全額出資子会社クラフト・オブ・アジア・ペーパーボード&パッケージングを通じ、同国で段ボール原紙製造・包装資材販売に乗り出す。

[ 2019年1月24日(木) 19時16分(タイ時間) ]

【インドネシア】王子ホールディングス(東京都中央区)はインドネシアに設立する合弁会社を通じ、ジャカルタ市街中心部から東に約50キロの西ジャワ州ブカシ県に段ボール工場を建設し、2020年1月に生産を開始する。投資額約40億円、生産量は月5000トン。

[ 2018年12月12日(水) 12時11分(タイ時間) ]

【カンボジア】王子ホールディングス(東京都中央区)は約30億円を投じ、プノンペン経済特別区に段ボール工場を建設する。敷地面積約6.2ヘクタール、生産能力は月約800万平方メートルで、2020年1月稼働の予定。

[ 2018年10月2日(火) 01時24分(タイ時間) ]
双日、ベトナムの大手製紙会社買収newsclip

【ベトナム】双日は26日、ベトナムの大手製紙会社サイゴン・ペーパーの発行済み普通株式の95.2%を取得し、ベトナムの家庭紙、段ボール原紙事業に参入すると発表した。

[ 2018年6月26日(火) 22時51分(タイ時間) ]

【フィリピン】ニッポン高度紙工業(高知市)は7日、フィリピン子会社でパルプ製造を手がけるアルベイ・アグロインダストリアル・デベロップメントをフィリピンの特殊パルプ製造会社スペシャリティ・パルプ・マニュファクチャリングに売却すると発表した。

[ 2018年6月10日(日) 23時15分(タイ時間) ]

【タイ】イチカワ(東京都文京区)は抄紙用フェルト、スレート用フェルト、シュープレス用ベルト、トランスファー用ベルト、抄紙用関連資材の輸出入、販売を手がける子会社を7月にバンコクに設立する。

[ 2018年5月16日(水) 00時30分(タイ時間) ]

【ベトナム、マレーシア】王子ホールディングス(東京都中央区)は約60億円を投じ、ベトナムとマレーシアで段ボールの生産能力を増強する。

[ 2018年2月9日(金) 04時15分(タイ時間) ]
28 件中 1 - 20 件目を表示しています。
1 2 > 次